想定される浸水深
浸水域の地面から水面までの深さ・高さ。内水はん濫は含まない。
0.5m未満の区域
0.5m以上1.0m未満の区域
1.0m以上2.0m未満の区域
2.0m以上3.0m未満の区域
3.0m以上4.0m未満の区域
4.0m以上5.0m未満の区域
5.0m以上の区域
地図上に示す記号の凡例
指定避難所
災害が発生した場合に、市が最初に開設する避難所。
避難地
火災等から一時的に身の安全を確保するための場所。
予備避難所
高齢者や障がい者、そのほか支援が必要な要配慮者が優先となる避難所。
福祉避難所
特別な支援を必要とする要配慮者を対象にした避難所。
地下道
大雨の時は冠水のおそれがある箇所。
水位観測所
水防活動のために河川の水位を計測。
飲料水兼用耐震性貯水槽
地震などで水道管が破損し、水道水の供給ができなくなった時の飲料水・消火用水を確保することができる貯水槽。
電源供給拠点(太陽光発電)
災害が発生した際に、市(地域)に対して電源提供を行う拠点。
すみれ防災スピーカ
自然災害・ミサイルなどの緊急情報をスピーカーから放送し、住民の皆様に情報伝達をするための設備。
  1. 避難所として利用できる災害種別
  2. 〇:その災害時に利用できる施設
  3. ×:原則利用できない施設
想定される浸水深
浸水域の地面から水面までの深さ・高さ。内水はん濫は含まない。
0.5m未満の区域
0.5m以上3.0m未満の区域
3.0m以上5.0m未満の区域
5.0m以上10.0m未満の区域
10.0m以上20.0m未満の区域
家屋倒壊等氾濫想定区域
想定最大規模降雨により堤防が決壊した場合に、一般的な建築物が倒壊・流出する危険性が高い区域を示すもの。
氾濫流
河岸侵食
地図上に示す記号の凡例
指定避難所
災害が発生した場合に、市が最初に開設する避難所。
避難地
火災等から一時的に身の安全を確保するための場所。
予備避難所
高齢者や障がい者、そのほか支援が必要な要配慮者が優先となる避難所。
福祉避難所
特別な支援を必要とする要配慮者を対象にした避難所。
地下道
大雨の時は冠水のおそれがある箇所。
水位観測所
水防活動のために河川の水位を計測。
飲料水兼用耐震性貯水槽
地震などで水道管が破損し、水道水の供給ができなくなった時の飲料水・消火用水を確保することができる貯水槽。
電源供給拠点(太陽光発電)
災害が発生した際に、市(地域)に対して電源提供を行う拠点。
すみれ防災スピーカ
自然災害・ミサイルなどの緊急情報をスピーカーから放送し、住民の皆様に情報伝達をするための設備。
  1. 避難所として利用できる災害種別
  2. 〇:その災害時に利用できる施設
  3. ×:原則利用できない施設
浸水継続時間
浸水深が0.5m以上となる継続時間を示すもの。
12時間未満
12時間から24時間(1日)未満
24時間(1日)から72時間(3日)未満
地図上に示す記号の凡例
指定避難所
災害が発生した場合に、市が最初に開設する避難所。
避難地
火災等から一時的に身の安全を確保するための場所。
予備避難所
高齢者や障がい者、そのほか支援が必要な要配慮者が優先となる避難所。
福祉避難所
特別な支援を必要とする要配慮者を対象にした避難所。
地下道
大雨の時は冠水のおそれがある箇所。
水位観測所
水防活動のために河川の水位を計測。
飲料水兼用耐震性貯水槽
地震などで水道管が破損し、水道水の供給ができなくなった時の飲料水・消火用水を確保することができる貯水槽。
電源供給拠点(太陽光発電)
災害が発生した際に、市(地域)に対して電源提供を行う拠点。
すみれ防災スピーカ
自然災害・ミサイルなどの緊急情報をスピーカーから放送し、住民の皆様に情報伝達をするための設備。
  1. 避難所として利用できる災害種別
  2. 〇:その災害時に利用できる施設
  3. ×:原則利用できない施設
土砂災害
土石流
土砂災害警戒区域
土石流の発生のおそれのある渓流において、扇頂部から下流で勾配が2度以上の区域
土砂災害特別警戒区域
土石流による外力が建築物の耐力を上回る範囲が指定され、建築物が破壊され、人命に大きな被害が生ずるおそれがある区域
急傾斜
土砂災害警戒区域
  1. 傾斜度が30度以上で高さが5m以上の区域
  2. 急傾斜地の上端から水平距離が10m以内の区域
  3. 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍(50mを超える場合は50m)以内の区域
土砂災害特別警戒区域
急傾斜地の崩壊による発生土砂量を算出し、一般的な木造建築物等に損壊が生じると想定される区域
地図上に示す記号の凡例
指定避難所
災害が発生した場合に、市が最初に開設する避難所。
避難地
火災等から一時的に身の安全を確保するための場所。
予備避難所
高齢者や障がい者、そのほか支援が必要な要配慮者が優先となる避難所。
福祉避難所
特別な支援を必要とする要配慮者を対象にした避難所。
地下道
大雨の時は冠水のおそれがある箇所。
水位観測所
水防活動のために河川の水位を計測。
飲料水兼用耐震性貯水槽
地震などで水道管が破損し、水道水の供給ができなくなった時の飲料水・消火用水を確保することができる貯水槽。
電源供給拠点(太陽光発電)
災害が発生した際に、市(地域)に対して電源提供を行う拠点。
すみれ防災スピーカ
自然災害・ミサイルなどの緊急情報をスピーカーから放送し、住民の皆様に情報伝達をするための設備。
  1. 避難所として利用できる災害種別
  2. 〇:その災害時に利用できる施設
  3. ×:原則利用できない施設
活断層
活断層
最近数十万年間に、概ね千年から数万年の周期で繰り返し動いてきた跡が地形に現れ、今後も活動を繰り返すと考えられる断層。明瞭な地形的証拠から位置が特定できるもの。
活断層(やや不明確)
活断層のうち、活動の痕跡が侵食や人工的な要因等によって改変されているために、その位置が明確には特定できないもの。
横ずれ
活断層の相対的な水平方向の変位を向きで矢印で示す。
変位した谷線
断層の横ずれ活動により変位した谷線。
縦ずれ(明確)
活断層の上下方向の変位の向き。
縦ずれ(やや不明確)
やや不明確な活断層の上下方向の変位の向き。
推定活断層(地下)
新しい地層に覆われて、断層地形が地表で確認されていないが、既往のボーリングや物理探査によりその存在が推定された活断層。
活断層(活撓曲)
地形面が、現在も続いている地殻変動によって傾いている場所。最大傾斜方向で図示。
地形面の傾動方向(2mm)
活断層のうち、変位が軟らかい地層内で拡散し、地表には段差ではなくたわみとして現れたもの。たわみの範囲及び傾斜方向を示す。
  1. 避難所として利用できる災害種別
  2. 〇:その災害時に利用できる施設
  3. ×:原則利用できない施設